2015年07月31日

『刀剣乱舞(加州清光)』其の5

皆さんこんにちは!
今日はボタンいっぱいのベストを作ります。

今回のベストの特徴は、裾が丈長めでズボンインできて、
夏用の裏地なしタイプってところです。

この記事ではベストを完成させますよ♪



まずはパーツの紹介。
ベスト (1)
これが前見頃と後ろ見頃です。

ベスト (4)
そしてこちらが裁断の時(其の3)でちらっとお話した、
写真を撮り忘れていた見返し部分です。
左から、前見返し前中心の接着芯、前見返し、後ろ見返しです。

では、見返しから作っていきます。
ベスト (5)
前見返しに、接着芯を貼ります。

ベスト (6)
前見返しと後ろ見返しの、背中心と両脇と肩を中表に合わせてマチ針で止めます。

ベスト (7)
前から見た図。

ベスト (8)
後ろから見た図。
できたら、ロックミシンで縫います。

続いて、表面。
ベスト (2)
ダーツをチャコペーパーで生地に写してから型紙を外します。

ベスト (3)
印に沿ってダーツをマチ針で止めて普通のミシンで縫います。

ベスト (9)
こんな感じに。

表面のパーツも、見返し同様に、
背中心と両脇と肩を中表に合わせてマチ針で止めます。
ベスト (10)
前から見た図。

ベスト (11)
後ろから見た図。
できたら、ロックミシンで縫います。

縫い終わったものがこちら↓
ベスト (12)
表面、見返し共に裾になる部分の布端には
ロックミシンをかけておきます。

ベスト (13)
表面と見返しを、前中心~衿ぐり~前中心で、中表に合わせてマチ針で止めます。

ベスト (14)
ロックミシンで縫います。
縫い終わったら、衿ぐりの縫い代には1.5cm間隔で切込みを入れます。

ベスト (15)
次に、表面と見返しの袖ぐりを中表にマチ針で止めてロックミシンで縫います。
縫い終わったら、袖ぐりの縫い代には1.5cm間隔で切込みを入れます。

ベスト (16)
表に返してアイロンをかけます。

ベスト (17)
裾は1.5cmの2つ折りにして普通のミシンで縫います。

ベスト (18)
ボタンをつけて完成!

ボタンの付け方は、着やすいように、
ボタン/ダミーボタン2つ/ボタン/ダミーボタン2つ/…の仕様にしました。
右の前中心は、
ボタン/ボタン2つ分の空白/ボタン/ボタン2つ分の空白/…になっていて。
左の前中心は、
ボタンホール/ダミーボタン2つ/ボタンホール/ダミーボタン2つ/…になっています。

次回は、ズボン!
ズボンも裏地のない夏用ズボンを作ります。
お楽しみに♪


onikuyasan20002002 at 19:40│Comments(0)TrackBack(0) 刀剣乱舞 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字