2015年08月14日

『刀剣乱舞(加州清光)』其の8

また間を空けてしまった><。
毎日ブログ投稿してるのに変な気分だwww
使いきれていない4つのブログをいつか完全に使いこなして
Blogマスターになりたい!(←深い意味は持たない言動。)

刀剣乱舞‼!
内番衣装作りたい!!時間ないよー!!!
誰か大和守安定やってくんないかな~。
誰か清光やってくれるなら、私がやってもいいんだけどさ。
沖田組、可愛いよな////。

さて、今日は清光氏のコートを完成させますよ♪
この記事では、表面の製作~完成までを紹介します。

表地のパーツを確認します。
コート2 (1)
上にある小さいのが表衿。
左から、前身頃、前脇見頃、後ろ脇見頃、後ろ見頃です。

コート2 (2)
左から、裏衿、内袖、外袖です。

コート2 (3)
見頃たちから型紙を外し、隣り合うパーツを中表に合わせてマチ針で止めて縫います。
前回紹介した裏面の見頃と同じ要領です。

BlogPaint
こんな感じで!
肩線も、裏面と同じ要領で縫います。
※パンダは足が映っちゃいました><。

次は袖。
コート2 (5)
内袖と外袖を、左右それぞれ中表に合わせてマチ針で止めます。

コート2 (6)
マチ針で止めたら縫います。

コート2 (7)
筒にした後、袖裾は端処理をして2つ折か、3つ折りにして縫います。
私はロックミシンをかけて二つ折りにしています。

コート2 (8)
最初に縫った見頃に袖をつけます。

コート2 (9)
左右を間違えないように気を付けて、中表に袖をマチ針で止めて縫います。

コート2 (10)
袖が付きました。

コート2 (11)
次は衿です。
衿にアイロンで接着芯を貼り付けます。

コート2 (12)
次に、表裏2枚の衿を中表に合わせ、マチ針で止めて縫います。

コート2 (13)
縫えた。

コート2 (14)
表に返してアイロンをかけます。

コート2 (15)
袖をつけた表面の見頃の衿ぐりに衿を中表にマチ針で軽くセットします。

コート2 (16)
その上に、前回縫った裏面の見頃を
表面の見頃と裏面の見頃が中表になるように重ねます。

コート2 (17)
衿を見頃で挟むようにセットして、
表面と裏面の見頃を前中心までマチ針で止めて一気に縫います。

コート2 (18)
なんか雰囲気出てきた。

コート2 (19)
裏面の袖ぐりが遊んでいるので、
表面の袖つけ部分の縫い代に中表になるように裏からマチ針で止めて縫います。
ミシンが早いので私はミシンで縫っていますが、
ミシンで縫うのが難しい場合は、手でまつり縫いしても可です。

コート2 (20)
縫えるとこんな感じで、袖つけの縫い代が裏面からも見えなくなります。

コート2 (21)
次に裾を中表にマチ針で止めて縫います。

コート2 (22)
裏面のウエストの縫い残した部分から、
全体を表に返してアイロンをかけたらこんな感じになります。

コート2 (23)
最後に裏地のウエスト、
縫い残した部分を手でまつり縫いしたらコートの土台完成です。

装飾は勢いでやってしまったので写真が無くて><。
BlogPaint
赤ラインの部分にゴールドのブレードを叩きます。
青丸の部分にゴールドのボタンを付けます。
黄丸の部分に家紋的な奴を付けます。

家紋的な奴は、こんな感じで。
CJnKsNKVEAEGE6m
アイロン接着の生地にプリントを施して、インクは黄色しか出せないので、
ゴールド部分は筆で塗料を塗って作ります。

すると、最終的に
resize0572
こんな感じになります。

ちょっと最後焦ってて写真雑になっちゃたけど許して><。
次回、完成写真を綺麗にまとめてアップしますのでお楽しみに♪



onikuyasan20002002 at 22:52│Comments(0)TrackBack(0) 刀剣乱舞 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字