2015年01月03日

『テニスの王子様(向日岳人〔氷帝エタニティ『坂道の果てへ』〕)』其の1

タイトル長すぎですねwww

今回はテニスの王子様!!
前からやりたかった氷帝エタニティの衣装を制作です。

制作するのはコチラ↓
no title
不条理の衣装も作りたい!!と思いつつ。
今回はこちらの衣装を制作します。

では早速っ…の前に。
ちょっと言い訳してからwww
今回出先で衣装の制作をしたので、装飾部分の写真がりません><。
例のごとく追いつめ過ぎて、写真撮る暇無かった・・・。

ベースの作り方は紹介しますが、
装飾方法は紹介程度になるかと思います。
許してwww

っという事で、制作スタート♪




 
それでは裁断から。
1
前身頃・前身頃見返し・後ろ身頃を裁断します。
縫い白は全て1cm。

2
袖を裁断します。
縫い代は全て1cm。

今回使用する赤の生地は、ポリエステルツイルです。

続いて黒生地の裁断。
3
袖の折り返し部分と、肩の飾り?と、衿の裁断です。
こちらも縫い代は全て1cmです。
袖の折り返し部分は、表裏両面必要です。
裏面は折り返した際に赤い袖部分の生地裏が見えないよう、
少し長め(3cm程度)に裁断しましょう。

4
裁断終了!!

続いては縫製。
今回は細々としたパーツから縫いましょう。
5
画像上から説明します。
・袖と、袖の折り返し部分のパーツをマチ針で止めます。
・衿のパーツを中表にしてマチ針で止めます。
・肩の飾り部分を中表にしてマチ針で止めます。

まとめて縫います。
縫い代は全て1cm

6
縫えました。
全て表に返してアイロンをかけましょう。

7
続いて、袖裾の折り返す面を縫います。
袖裾を中表に合わせてマチ針で止めて縫いましょう。

8
縫えました。

9
縫い代のカーブがきついので、縫い代に1cm幅で切り込みを入れ、
表に返してアイロンで整えましょう。
そうしたら袖はいったん終了。

続いて身頃です。
10
型紙にあるダーツの印をチャコで写し、
前後、身頃のダーツ部分をマチ針で止めて縫います。

11
ダーツ縫い完了。

12
続いて、後ろ身頃の背中心と、前身頃の見返しをマチ針で止めて縫います。

13
縫えました。
この段階で、生地端にロックミシンまたは端ミシンをかけ、
布端の処理をしておきましょう。

14
続いては、前後身頃の方線を中表に合わせ、
マチ針で止めてから縫います。

15
縫えました。

そうしたら、先ほど作った袖のパーツと縫い合わせていきます。
16
袖のパーツにも、ロックミシンまたは端ミシンをかけ、
布端の処理をしてから、本体に縫いつけましょう。

18
袖を本体にマチ針で止め、縫います。

19
縫いつけ完了。

20
現在の形。

この段階で、前身頃の見返しにやはり接着芯が必要だと判断したので、、、
21
見返しに接着芯を貼りました。
皆さんにはパーツの段階で貼る事をお勧めします。
しかし、ココまで縫ってしまった方は、今からでも間に合います。

ココで、胸元の柄のパーツを作っておきましょう。
23
まずは、位置と大きさを考えながら、柄を紙に書きます。

24
紙に書いた柄をカッターで切り抜きます。

続いて、ゴールドの合皮の裏面に先ほど柄を書いた紙を裏返して重ねます。
25
その辺にあった広告を使用したの見苦しいですがwww
こんな感じ。
切り抜いた柄の形をマジックで生地に写します。

26
こんな感じ。
出来たら鋏で丁寧に柄を切り抜きます。

27
柄のパーツ完成。
このパーツは本体が完成した後、ボンドで貼り付けるので、
大切に取って置きます。

柄が完成したので、本体の制作に戻ります。
28
首ぐりに衿を縫いつけましょう。

29
この時、見返しも一緒に中表に合わせて縫います。

30
衿付け完成。
今回、前がダブルで衿の空きが中央ではなく右に寄っているので、
少し複雑ですが、落ち着いて考えれば出来るはずです!

31
最後に脇から袖下を中表にマチ針で止めて縫いましょう。

32
裾は三つ折りしてミシン縫い。
袖の内側は手で祭縫いすれば本体の完成!!

この後、ココに装飾を付けていきます。
次回!いきなり完成しますw
乞うご期待!!!



onikuyasan20002002 at 20:19│Comments(0)TrackBack(0) テニスの王子様 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字