2012年05月12日

『Sound Horizon(あらまり〔エルの天秤〕)』其の1

皆様ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
杉浦は撮影に帰省に勉強会に課題に…とめまぐるしく過ごしました><

さてさて今回は此方↓の衣装を作りますよー。


あらまり可愛ぃ!
ってなわけで、ウェディングドレスの制作開始です♪

今回はダブルダーツの型紙が始めてだったのですが、
縫い自体はとっても簡単ですよーwww



それでは早速始めますよー♪

■今回使用する布■
表地:白-サテン-M850円

(150巾×〔身長2倍+50cm〕)
tenbin
まずは、パターンを生地の上にセットします。
今回裾はウェスト線から自分の足の長さに合わせて線を引き、そこをカットします。
ウェストラインから斜めの角度は型紙のウェストからヒップまでの線をそのまま延長しましょう。

tenbin (1)
表地裏地共に同様に行い、パーツを作ります。
前見頃は『わ』で取って1枚
後ろ見頃は背中心の縫い代2cmで2枚です。
それ以外の縫い代は全て1cmです。

表地のカットが出来たら、型紙に見返しラインがありますので、
見返しのラインにそって、前見頃と後ろ見頃両方の見返しもカットしましょう。

tenbin (2)
出来たら、続いて接着芯もカットします。
接着芯は、縫い代ゼロで、型紙通りにカットします。
裾のスカート部分は必要ありません。

表地前見頃1枚・表地後ろ見頃2枚・表地前見返し1枚・表地後ろ見返し2枚・
接着芯前見頃1枚・接着芯後ろ見頃2枚。
今回ドレスのパーツは以上の9つです。

表地のパーツには端ミシンをかけて置きましょう。
範囲は見頃の裾意外です。

裁断が終わったら次に進みましょう。
tenbin (3)
表地の見頃に接着芯を貼り付けます。
接着芯を貼ったら、接着芯に型紙を合わせて、ダーツの印をつけましょう。

できたら、ダーツを縫います。
tenbin (4)
前見頃のダーツ。
今回はダブルダーツなので、ダーツが左右2本ずつ!


tenbin (5)
後ろ身頃は一本ずつダーツがあるので縫ってください。

ダーツが縫えたら、後ろ見頃にファスナーを付けます!
tenbin (6)
後ろ見頃を中表に合わせて、背中心を縫いましょう。
上の画像でファスナーの範囲より下は返し縫いアリで通常の縫い目。
ファスナーのある部分は返し縫いナシ荒い縫い目で縫いましょう。

tenbin (7)
出来たら、縫い代を割りアイロンをかけます。

tenbin (8)
ファスナーをセットしましょう。
ファスナーの表を縫い代を割った上に伏せる様にして置きます。
仕上がった時に生地の表からファスナーが開くようにファスナーの方向に注意してくださいねw

tenbin (9)
ファスナーがセットできたら、仕付け糸でファスナーを縫いつけます。
しつけ糸の糸が、表に多く見えるように、してください。
縫い目は極力まっすぐに縫ってくださいね。

tenbin (10)
縫えたらマチ針を外します。

tenbin (11)
生地を表に返しましょう。

tenbin (12)
拡大すると、仕付け糸はこのようになっています。
このしつけ糸を目印に、ファスナーをミシンで縫いつけましょう。

tenbin (13)
ミシンが上手くかかれば、しつけ糸は外します。

tenbin (14)
拡大するとこんな感じ。

tenbin (15)
上手く縫えていたら、ファスナー部分背中心の縫い目を解きましょう。


tenbin (16)
きちんとファスナーが開けばOKです♪

tenbin (17)
つづいて、前見頃と後ろ見頃の肩線を中表で合わせてミシンで縫います。

tenbin (18)
見返しの肩も縫いましょう。

tenbin (19)
できたら後ろ見頃のファスナーは開けた状態で、表を見えるように、
見頃を置きます。

tenbin (20)
その上に裏が見えるように、見返しを重ね、
中表で首の周りを合わせてマチ針で止めましょう。

tenbin (21)
できたらミシンで縫います。
肩の縫い代は割りましょう。

首部分が縫えたら、次は腕周りですが…
tenbin (22)
!!!!注意!!!!
 ↑の画像の様に縫ってしまうと生地が表に返せないので、
 気を付けて下さい!

tenbin (23)
肩紐の部分から、生地を表に返せるようにして、
腕周りを縫いましょう。

tenbin-(34)
できたら、縫い代には約1cm間隔で切込みを入れます。

カットを入れたら表に返しましょう。
tenbin (25)
綺麗にできましたね♪
アイロンをかけて、整えましょう。

tenbin (27)
続いては脇縫いです。
見頃と見返しの脇部分を中表に合わせて縫いましょう。

tenbin (28)
ぅん!形になってきた♪
あと一息ですw

tenbin (29)
見返しの後ろ中心をファスナーに合わせて内側に折り込み、
浮いている部分をファスナーの開閉の妨げにならないよう気を付けながら、
ファスナーにまつり止めます。

最後に裾。
tenbin (30)
裾は5mm5mmの三折りでアイロンをかけ、縫いましょう。

tenbin (31)
こんな感じね。

tenbin (32)
表も綺麗に縫えました。

全体をアイロンで整えたら、ドレスは完成です!

続いては出袋!
tenbin (33)
っと行きたいところですが…
写真とってないの、、、。ごめんなさい;;;

型紙に縫い合わせる箇所を丁寧に書いておりますので、
おそらく誰が見ても縫えるだろうということで、
分からないという方はコメントやメールなどでご質問下さい。
質問をいただきましたら、作り方を説明させて頂きます!!

ってなわけで、おつかれさまでしたー♪♪




onikuyasan20002002 at 15:58│Comments(0)TrackBack(0) Sound Horizon 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字