2011年06月20日

『ひぐらしのなく頃に(竜宮レナ〔私服〕)』其の1

皆様ぁ~お待たせ?しました!!
杉浦がコス始めた当初からやりたいと言っていたひぐらし!!!

やっと念願の…
1
今回はレナの衣装を作っちゃいます♪

やっとですよ、、、ホントにやっと!!
気合入れて作りますょwww





それでは早速。
例のごとくデザイン画を描いてみましょう。
2
こんな感じで。

結構簡単ですねWW

それでは、鉈から作っていきましょう♪

まず、用意するのはプラスチックの30cm定規です!
nata
コレが鉈の芯になります。

nata (1)
プラスチックカッターで30cm定規を刃と持ち手部分の形にしましょう。
定規の幅が狭いモノを使う場合はカットしなくても大丈夫ですが、
杉浦の買った定規は鉈の持ち手としては幅が広かったのでカットしました。

nata (2)
持ったときの感覚を確かめながら、良いと思えば次に進みます。

nata (3)
両面アルミのガスコンロシートを鉈の刃の形にカットします。

nata (4)
こんな感じです。

nata (5)
鉈の刃ではなく背側を「わ」で取りましょう。

nata (6)
出来たら、刃を半分に折ります。

nata (7)
そして、このように定規を間に挟みましょう。

nata (8)
定規を間に挟んだら、万能ボンドでしっかり接着します。

nata (9)
鉈の形が整ったら次は刃に色をつけます。

nata (10)
黒の絵の具を直で刃に落とし、ティッシュか何かでバランスよくのばします。

nata (11)
こんな感じで大体の色が付いたら、いったん軽く乾かします。

nata (12)
続いて布で擦りましょう。
このとき毛ボコリの付かない布を選ぶように気をつけてください。

nata (13)
擦ると、少し色が落ちます。

nata (14)
刃の黒い部分が両面とも自然な仕上がりになったら、持ち手を作りましょう。

nata (15)
厚さ2mmのライオンボードと厚さ5mmのライオンボードを用意します。

nata (16)
持ち手の幅に合わせてカットした2mmのライオンボードは持ち手の下部分に
万能ボンドでくっつけましょう。

nata (17)
それ以外にも2枚。
持ち手のサイズに合わせた5mmのライオンボードパーツを用意します。


nata (18)
5mmのライオンボードは持ち手の両面に万能ボンドで貼ります。

nata (19)
この時、定規の部分は万能ボンドで貼りますが、刃の部分にはボンドをつけないで下さい。

nata (20)
できたら、次に黒のレザーを貼っていきます。

nata (21)
まずは、持ち手の底にレザーを万能ボンドで貼ります。

nata (22)
続いて、持ち手の刃と重なっている部分にもレザーを巻くように貼りましょう。

nata (23)
続いて、全面にレザーを貼ります。

nata (24)
全面に貼り付けるレザーは貼る前に上下を少し折っておくと綺麗に仕上がります。

nata (25)
全体のバランスを考えながら刃の背側の面から万能ボンドでレザーを貼り付けていきましょう。

nata (26)
最後に刃側の一面を残し、ピッタリ重なるようにレザーを貼り付けます。

nata (27)
刃と持ち手の重なり部分もキッチリカットを入れながら貼り付けましょう。

nata (28)
最後の一面だけはレザーとレザーが重なります。

nata (29)
キッチリレザーを貼り付けたら鉈の完成です。

此方、全体で200円で出来ちゃいました!!
定規とガスコンロシートは100均です。
ライオンボードとレザーは家にあったあまりのものを使いましたWW

超軽量の鉈♪
持ち運びにも便利ですよ!

次回は衣装を作ります。
お楽しみに。

onikuyasan20002002 at 21:37│Comments(0)TrackBack(0) ひぐらしのなく頃に(竜宮レナ) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字