2011年04月02日

『尚月地イラスト集ノスタルヂア(P020〔赤頭巾〕)』其の3

皆様、お久しぶりです!!
すっかり間が空いて何をやっていたか分からなくなってしまいました;
杉浦が前の記事を読み直したところで、次に進みましょう。

この記事ではボレロの製作をします。

頑張るぞ「ォオーww」



ボレロは『尚月地イラスト集ノスタルヂア(P020〔赤頭巾〕)』其の1で、裁断をしました。

16

なので、画像のパーツを用意してスタートです。

17
まずは、表地の裏面に接着芯を貼りましょう。

接着芯を貼り付けた写真を撮り忘れました;;
ごめんなさい;;;
途中で思い出したので、肩線縫っちゃってますが、気にしないで下さい、。
77
接着芯を貼るとこんな感じです。

接着芯が貼れたら、表地身頃と裏地身頃の肩線を縫います。
76
表地も裏地も形が同じなので同じように中表で縫いましょう。

78
肩線が縫えたら、次は脇縫いです。
脇縫いも裏地と表地は同じように縫います。

79
あっと言う間に身頃部分の完成です!

次は表地と裏地の身頃を合わせましょう。
80
表地と裏地の身頃を中表に合わせてマチ針で首周りや裾などの縁を止めます。

81
後ろまでぐるっとこんな感じです。

出来たら、接着芯の端に合わせて縫いましょう。
82
こんな感じに縫い合わせます。

83
縫い代は5mmにカットします。

84
カーブのある部分の縫い代には1cm間隔で切り込みを入れましょう。

ここまで出来たら、次は袖を作っていきます。

85
まずはパフスリーブになる部分パーツを用意します。
※パフスリーブ=キャザーやシャーリングなどで肩先や袖口 をふくらました袖。

89
画像の4パーツ全ての裾部分を縫います。
手縫いの場合は5mm程度のぐし縫い(平縫い)、
ミシンの場合は針目を4.5~5mmに設定し、
返し縫なしんで縫ってください。

90
布端から1cmのラインを挟むように2本縫います。
縫い始めと縫い終わりの糸は5~10cm残しておいてください。

続いて、下側の袖部分を作ります。
86
袖にレースを付けましょう。

87
下袖パーツの中央部分に直線で印をし、
その線にレースの中央を合わせてマチ針で止めます。

88
こんな感じです。
できたら、レースを縫い付けましょう。

91
レースの縫い方はレースの模様に合わせて、
出来るだけ目立たないように、しっかりと縫いましょう。

上袖、下袖それぞれにパーツが完成したら、縫い合わせていきます。
92
画像右のように、上袖と下袖を合わせ、
ギャザーを寄せて、画像左のようにマチ針で止めつけましょう。

93
ギャザーはこのように、中心に多く、両端は少なくします。
両端は出来上がった時、脇辺りにくるので、ギャザーを多く入れてしまうと、
腕を真っ直ぐ下ろした状態が不自然になります。

94
続いて、裏地も表地と同じように上下の袖を合わせましょう。

95
このように、合わせて縫います。

上袖と下袖を縫い合わせるときは、上袖の裾にあるギャザー用
2本の縫い線の間をミシンで縫いましょう。

96
こんな感じに縫い合わせました!

97
今、縫い目はこのようになっていると思うので、
上下のギャザー縫いの糸は解いてしまいましょう。

98
裏地も同じです。

99
上下の袖が縫い合わせられたら、ギャザー縫いの糸は抜きましょう。

100
続いて、表地と裏地を裾で中表に縫い合わせます。
このとき、表地と裏地の左右を間違えないように気をつけてください。

101
表地と裏地を裾で縫い合わせたら、
次は袖を筒上にマチ針で止め縫います。

102
縫えたら、画像右のような形になっているはずなので、
表地部分を表に返して画像左のようにしましょう。

103
袖がの形が整ったら、
袖山部分から袖下部分ぐるっとを表地裏地合わせてマチ針で止めます。

104
マチ針でとめた部分をギャザー様に大きい針目で縫いましょう。

105
こんな感じです。
手縫いでもミシン縫いでもOKです。
上袖の裾と同じように考えてください。

106
そでが出来たら、身頃と合わせていきましょう。
身頃は表に返して、アイロンで整えておきます。

108
続いて、身頃の表地に袖をマチ針で止めつけます。

109
袖の左右を間違えないようにと、袖山の位置に気をつけながら
マチ針でぐるっと止めます。
このとき、袖は袖口よりも大きいので、袖山にギャザーを寄せて、止めましょう。
ギャザーを寄せるのは、袖山とその左右約5cmの範囲です。
あまり広い範囲にギャザーを広げないように気をつけてください。

110
マチ針で上手く止められたら、ミシンで縫います。
すると画像のようになります。

111
画像に3本の縫い線がありますが、
上下の線はギャザー線なので、袖と身頃を上手く縫えていたら、解きましょう。

112
こんな感じに、縫い線を1本にします。

113
続いて、裏地の袖口を処理しましょう。

114
今は、身頃の表地に袖が付いている状態なので、
身頃の裏地で、表地を二つ折りにしながら、裏地の袖にマチ針でとめます。

115
こんな感じです。

116
出来たら、手縫いで裏地身頃の袖口を袖の裏地にまつりつけていきます。

117
両方縫えたらこんな感じ。

118
まつり縫う時は、表から見えないように、でもしっかりと縫いましょう。
針目は3mm程度で縫うと良いでしょう。

119
コレで、ボレロが完成!!

このボレロは、パフスリーブからピッタリとしたそで、
そして、なんといてても手首を完全に多い指の付け根辺りまでくる
袖裾がポイントですw
手首に向かってどんどんすぼまる型画身ですが、
手首から裾にかけて少し開き気味に出来ているのが、
着てみるといい感じにイラストを再現していると思います!

次回は、コルセットの下に着るワンピースを作ります。
お楽しみに♪


onikuyasan20002002 at 18:59│Comments(0)TrackBack(0) 尚月地イラスト集 ノスタルヂア(P020) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字