2010年12月04日

『PEACE MAKER鐵(大和屋鈴)』其の2

衣装が完成したので、
次に小物を作りたいと思います。

大和屋鈴さんの小物といえば、
皆さん容易にご察し頂けるのではないでしょうか?

そぅ、先生です。
吉田稔麿だょ!
みんな覚えてあげてね♪

ピスメで杉浦が一番大好きな人です。

この先生の頭蓋骨を漆塗りに仕上げたいと思います。



まず、今回杉浦は古びた骨董やから頭蓋骨を捜してきました。

1
コレは貯金箱です。
欲しい方は『スカル貯金箱』でネット検索をかけると、
結構色んなものが出てきますょ。

もともと黒いものも売ってありますが、
イマイチ漆塗りって感じがしなかったので、
今回はスプレーで塗りたいと思います。

其の前に。
まずは貯金箱の穴をふさぎましょう。
2
コチラが問題の穴です。

4
まず、穴をセロテープで塞ぎましょう。

それから、棒を作ります。
5
適当に要らない紙を丸めて作りましょう。
6
先端を潰しておくと使いやすいです。

準備が出来たら、穴を塞ぎにかかります。
3
貯金箱なので、もちろんお金を出す穴があります。
ここから、お金を入れる穴を塞ぎましょう。
7
貯金箱のお金を出す穴から、お金を入れる穴に向かって、
万能ボンドを垂らします。
2つの穴を床と垂直に一直線にして、万能ボンドを垂らすことがポイントです。

8
ボンドで上手く穴を塞げたら、このようにボンドを塞ぎたい穴に対して、
平行に保てる状態で2日ほど放置します。

2日たったら、最初に作った棒でつついてみて、
万能ボンドが固まっていたら、次の作業に進みましょう。

9
セロテープを剥がします。
そうすると、おそらくまだ万能ボンドが乾いていないでしょう。
なので…
10
今度は、塞ぐ穴を上にして、地面と穴を平行に保ち
丸1日放置します。

1日たって、ボンドが乾いていたら、次の作業に進みます。

11
おそらく、乾いた穴は頭蓋骨の面より少し凹んでいるので、
そのくぼみをトップコートで平らにしていきます。

塗って乾いて塗って乾いてを繰り返し、
頭蓋骨の表面と穴がなだらかになったら完成です。

12
こんな感じ。

※私は家にあるものでなんとしようと思っただけなので、
 紙粘土とかで穴を塞ぐのでも全然大丈夫です。
 とにかく最初に穴を塞いでください。
 ただし、発泡スチロールを詰めるとかはダメですょ、。
 スプレーで塗れる素材でお願いします。

さて、頭蓋骨の陥没部分が直ったら、漆塗りです!
今回使うのはコレ。
13
ちょっと事故ってパッケージに色が付着してますが、
気にしないで下さい。
只の事故です。

こういうスプレーには黒色だと大抵「つやけし」というのがあるはずです。
ただ、今回は漆塗り風にしたいので「つやけし」は選ばないでください。

14
最初に裏面を塗ります。
お金を出す穴には新聞紙を詰めていろが入らないようにすると良いでしょう。
私の買った貯金箱はお金を出す穴の蓋が黒いゴム製だったので、
そのまま黒を使うことにしました。
もし白いプラスチック等でしたら、一緒に塗ると良いでしょう。

裏面を塗ったら、一日放置します。

15
裏面が十分乾いてから、表面も塗ります。

※スプレーを使うときは、使い方をよく読んで使用してください。
 また、思う以上に広範囲に色が飛びますので、
 汚れても大丈夫な場所で作業してください。
 杉浦は私道で作業しました。
 写真が無いのは野外作業だったためです。

さぁ、表面1日放置すれば十分乾きます。

16
埋めた穴はこんな感じになりました。
ガッツリ穴にポイント絞ってるんで、貯金箱って感じするかもですが、
ぱっと見は意外と分からないくらいにはなりました。
ただ、手間もかかるし、買い物に行く余裕のある方は
別のやり方でやると良いかと思います;

ここまで出来たら後は好みですが、
歯と歯の隙間まできっちり黒にしたい人はマジックで塗ると良いでしょう。
あえて色の濃い薄いを作るのも良いと思います。
ウッカリな塗り残しも、範囲が狭い場合はマジックで塗るといいですょ。

さぁ、コレで完成です。
間に合ったか間に合ってないかで言うなら間に合いましたが、
もう少し頑張りたかったですね。

次回撮影の予定が立ち次第、衣装の手直しするので、
どうぞ誰か先生を…先生で合わせなぞを……
誘っていただければ、いつでもホイホイされます。
本当にこの頭蓋骨が愛しすぎて、
たまに話しかけるほど愛しいので、、
先生wwって呼んでます。

っぁ、でも先生と合わせなら衣装違うやん♪

onikuyasan20002002 at 20:50│Comments(0)TrackBack(0) PEACE MAKER鐵(大和屋鈴) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字