2010年12月04日

『PEACE MAKER鐵(大和屋鈴)』其の1

さぁ、第3弾は念願のピスメです。
大和屋鈴の衣装を作りますょ。
そして、このチョイス。

suzu1
suzu2
suzu3

鈴は、約2年前に一度チャレンジしました。
55
こんなんなってますが;;
見たい人は画像をクリックするとコスサイトのギャラリーにある、
フラッシュ作品が見られるょ<笑)

2年前から、随分成長したもので、
あの頃はまだ色々わかっていなかった;

今回はちゃんと公式衣装を作ります。
当たり前ですが、2年前の私には負けません!

この記事では、製作開始~衣装完成までを説明します。


さぁ、それでは早速始めましょう。
今回、な、、、なんと!!
製作時間約30分という脅威の簡単衣装です。
型紙も使いません。

一気に仕上げますょ。

それではまず、布を広げてみましょう。

■今回使用する布■
表地:黒-ボア-M1100円

表地(150幅×【身長+約50cm×2】)
※使用する生地の長さは計算してください。
 約50cmの部分が裾の引きずる長さです。
 ただ、身長には頭の長さも入っているので、加減して思う長さで作りましょう。
17
★このように綺麗に折りたたみます。

どのように折りたたんでいるか、
私の狭い部屋では表現できなかったので、紙で説明しますね。
28
まず、布は表面を上にして床に置きます。
29
続いて、その長い辺を2つに折りたたみましょう。
30
中表に二つ折りが出来たら、
31
次は、さっき折った辺とは違う短い方の辺を二つに折ります。
32
これが★印の画像と同じ状態です。

出来たら、裁断していきましょう。
まずは袖を作ります。
BlogPaint
袖はこのようにカットします。

赤ライン(a)=37.5cm【a=150/2-e】
※36~40cmの間にしてください
青ライン(b)=80cm【b=c+d】
※袖の長さは好みです。一般的な浴衣は50cm前後。
黄ライン(c)=25cm【c=b-d】
緑ライン(d)=55cm【d=b-c】
紫ライン(e)=37.5【e=150/2-a】

この寸法は平均的なものです。
そのまま作って失敗はしないと思いますが、
分かる人は自分の身体に合わせて作るとよいでしょう。

袖が出来たら、次は身頃を裁断します。
BlogPaint
今回は裾広がりでウェストを少し詰めます。
フリーハンドで曲線は滑らかにつなぎましょう。

紫ライン(e)=37.5
青ライン(f)=40cm
赤ライン(g)=30cm
緑ライン(h)=75cm

この寸法も袖と同様に変更可です。

次に、前中心を裁断しましょう。
20
「わ」になっている部分の上一枚だけを切ります。
二枚同時に切ると二つに分裂するとの注意してくださいね!
絶対切るのは一枚だけ!!

ここが出来たら、布をたたみ変えます。
また紙で説明しますね。

まずは、少しおさらいで、
今までの作業を紙でもやってみます。
33
これが最初に布を折りたたんだ状態です。
34
袖と身頃を作りましたょね?
35
紙も布と同じ用に裁断します。
36
それから、前身ごろの空き部分を切ります。
37
これが、今現在の布と同じ状態ですね。

そうしたらここからが、布のたたみ方です。
まず布をいったん平らにしましょう。
38
表面が見えるように床に広げて、
切り込みを入れた前身頃側を左に置きます。
39
そうしたら、向こう側半分を手前に倒し半分にたたみましょう。
40
このような形になったら、
41
次は、先ほど折りたたんだのとは違う方向に半分に折ります。
左側の前空きが有る方を、右側の裁断しなかった部分の上に重ねましょう。
42
そうすると、こうなります。
さっきと同じ形ですが、たたみ方が変わっているのでさっきとは違いますょ!

では、布に戻ります。
BlogPaint
紙で説明した通り、たたみなおしました。
違いは赤ラインで囲った部分です。
22
布が3段になっていて、上に2枚と一番下が「わ」です。

それでは、襟ぐりを作っていきます。
BlogPaint
赤ラインで囲った部分をこのように裁断しましょう。

赤ライン(i)=20cm
青ライン(j)=5cm
緑ライン(k)=30cm
紫ライン(L)=約1m

この裁断も長さの調節は自分に合わせて変えても大丈夫です。

さぁ、襟ぐりを裁断したら、後は縫うのみ!
なんと縫う箇所は2箇所です。

再び紙を使って説明します。
まずはおさらいから。
43
たたみなおした布に、
44
襟ぐりを作る。
45
そして裁断。
ここまでやりましたね。

ここからが説明です。
まず、いったん布を平らにしましょう。
46
今、全体はこのような形になっています。
47
中表になるように、前空きが有る方と無い方を重ねるように半分に折ります。
48
そうしたら、このようになります。
この、角度を変えると…
49
こうなりますね。

それが、コチラ↓
24
点々とマチ針が刺さっています。

BlogPaint
縫うのは、この赤い点線部分です。
この部分にをマチ針で止めて縫いましょう。
青ラインの袖口は、15cm前後にしましょう。

ここが縫えたら、一応完成です。


ここから先はレベルアップテクニックw
もう少し拘ってみましょう。
50
赤い点線を縫い終わったら、裾の形を整えます。

51
前はこのように、前中心を一番高く、前脇に向かって滑らかに下ります。
52
後ろは、後ろ中心を一番低く、後ろ脇に向かって滑らかに登ります。

前脇と後ろ脇の線は滑らかに交わるようにしましょう。
滑らかにがポイントです。

出来たら裁断しましょう。
53
この裁断で、脇裾の縫い目を裁断してしまった場合には、
縫い目が解けてしまわないように、
縫い線の一番裾はしに返し縫いをしておきましょう。

この裾の裁断で何が起こったかというと…
54
このように、裾が丸く整いました。
裾を裁断する角度を変えると、もっと後ろ裾を長くしたりも出来ます。
コレは紙なので、脇縫いがカクカクしていますが、
皆さんは美しく整えてくださいね。

コレで、衣装は完成です。
時間の有る方は襟ぐり部分に折り返しをつけると良いでしょう。
さらに、裏地をつけるともっともっと良いと思います。
杉浦には時間がありませんでした凹。
次回撮影までには直すので、方法はその時に!

次回は、小道具を作りましょう。
大和屋鈴といえばアレが必要ですねWw
杉浦の大好きな人ですvV

onikuyasan20002002 at 17:19│Comments(0) PEACE MAKER鐵(大和屋鈴) 

コメントする

名前
 
  絵文字