2010年11月25日

『ライチ☆光クラブ』其の5

さぁ、とうとう完成まで行きます!
今日は、ホックをかる~く流して→帽子作り~完成までです。

帽子はどうやら難しいみたいなので、
皆の参考になれば良いなと思います。



それではまずホックですが、
最初にズボンのホックです。

このように、ファスナーを閉じた時にバランスが良いところに
ホックをつけましょう。
288

付け方は細かく言いません。
付いていて、取れなければ大丈夫です。
でも一応、拡大写真を載せておきますね。

289
290
見たら分かると思いますが、
ホックをつける穴をぐるっと一周縫いとめるように付けます。
こうするととても丈夫ですょ。
このホックを付ける時、表の布を一緒に縫わないように気をつけてくださいね。
表から見るとホック付けの糸は見えない状態になっていれば正解です。


続いて襟元のホックです。
291
このようにスタンドカラーのバランスの良いところに2箇所つけましょう。
これも付け方は一緒です。

292
293
このようにつけましょう。
一枚目画像でカギになっている方のホックが布の内側に完全に入っていますが、
コレは2枚目画像でループになっていいる方のホックのように、
衿からはみ出しても大丈夫です。
衿の形が美しくなるようにつけましょう。
また、時間がある場合や、ホックを今から買うというときは、
ホックを黒に染めるor黒いホックを買うと良いでしょう。
漫画の設定とは関係ありませんが、
杉浦が道行く男子学生の襟元に注目していたところ、
学ラン襟元ホックは黒のようでした。

コレで、ズボンと上着は正真正銘の完成です!

ここからは帽子の作り方です。
あと一息頑張りましょう!

まずは型紙にそって部品をカットしましょう。
224
表地・裏地は縫い代1cm。
接着芯は縫い代ゼロ。
厚紙も縫い代はゼロです。

画像は上の円が帽子の上部です。
左から、型紙・厚紙・裏地・表地・
この画像には載せていませんが、接着芯です。
各1枚づつ必要です。

続いて、左側の縦列が帽子の上側帯です。
上から、型紙・接着芯・裏地・表地です。
型紙以外が各2枚づつ必要です。

次に右側の縦列が帽子の下側帯です。
上から、型紙・薄手のベルト芯・裏地・表地です。
各1枚づつ必要です。

そして右側の縦列下方が帽子がツバです。
上から、型紙・厚紙・表地・
ここには載せていませんが、接着芯も必要です。
表地のみ2枚必要です。

今回は素材の殆どが学ランの残りです。
表地・裏地・接着芯は学ランと同じものを使いました。
学ランの素材以外に必要なものは、
ツバに使う表地(合皮)・サイド用ボタン2個・レザーリボン・☆です。

それでは縫ってまいりましょう。
まず最初に上部の円に接着芯を貼りましょう。
231
全貼りです。

225
次に、帽子上帯に接着芯をつけましょう。
226
こんな感じで。
できたら、表地・裏地共に中表にして両端をマチ針で止めておきましょう。

そして、帽子のツバの部品を出します。
227
下から2番目は接着芯ですが、その下の型紙にそった接着芯の上
2センチだけを切り取ったものです。
接着テープで良いのですが、無かったので作りました。
よく分からない方は無くても大丈夫です。

表地に接着芯を貼りましょう。
228
こんな感じになります。
左が全貼りで、右が上部のみ貼ったものです。

出来たらこの2枚を中表にあわせます。
229
合皮やレザー、エナメルなどは基本的にマチ針なしで縫うのが望ましいのですが、マチ針無しで縫うのが不安だという方は杉浦が画像でしているように、縫い代部分にマチ針を打ってください。
本数も出来るだけ少なくするとよいでしょう。

接着芯を貼る箇所は以上です。

まだ触っていない下帯部分も縫えるようにセットしましょう。
230
帽子下側の帯も中表にあわせ、端をマチ針で止めます。

232
そうしたら、このようにマチ針でとめた部品が出来るはずです。
間違いがなければ縫っていきましょう。
画像左のツバは下側の弧を縫います。
右側の帯部分は、マチ針を止めている辺を縫って短い筒を作りましょう。

縫いあがったツバ部分です。
233
この画像で言うと、上側の弧が縫ってあります。
表に返すには縫い代が広すぎるので、縫った部分の縫い代を、
5mm~3mmにカットしましょう。
234
拡大するとこんな感じ。
235
杉浦は5mmカットにしています。

続いて、中表にしたままアイロンをかけましょう。
236
このように縫った部分の縫い代を倒してアイロンをかけます。
アイロンがきちんとかかったら、表に返します。

表に返したツバの中に厚紙を入れましょう。
237
このまますっぽり入れてしまいます。
この厚紙は直接ツバの芯になります。
238
こんな感じに縫い代1cmを残して入るはずです。
239
このままだと、まだツバの先がプカプカしているのでアイロンで押さえましょう。
240
合皮やレザー、エナメルに表面からアイロンをかける場合には、紙を一枚置いてからにしましょう。
紙を挟まないと、アイロンが全く滑らないのアイロンがけが難しいです。
また、素材によっては表面が溶けたりもします。
気をつけてくださいね。

さぁ、続いて帽子帯の部分ですが、
縫うとこのようになるはずです。
241
縫い代部分にアイロンをかけてこの画像の上下をそれぞれに縫い合わせます。

242
こんな感じで。
上の帯には2箇所縫い目があり、下の帯には1箇所しか縫い目がありません。
下の縫い目に、上の幅が狭いほうの縫い目を合わせて
中表にマチ針で止めると間違わずに縫えると思います。

縫えたら、このようになります。
243
上の2つが帽子の帯を縫い合わせたもので、
下にある合皮がツバです。

そうしたら、帽子の上部も縫い合わせていきましょう。
244
ここでも、裏地は裏地、表地は表地で各々に縫い合わせます。
帽子の上部部品には、型紙に『前』の印があるので、
その印を上帯の縫い目に合わせてマチ針を打ちます。
帽子上部には『後』の印もあるので、その印は、下帯・上帯の縫い目が揃っている方にあわせましょう。
画像で見えている縫い目は『前』です。

コレを中表にマチ針で止めるとこうなります。
245
表地も同じように町針で止めたら、縫い代1cmでぐるっと縫いましょう。
246
こんな感じに縫いあがります。

247
この縫い代部分を3~5mmでカットします。
248
そうしたら、縫い代を倒すようにアイロンをかけましょう。
249
このようにぐるっとアイロンをかけたら表地だけを表に返します。

表に返した表地の中に上部の厚紙を居れ、方向を合わせます。
250
厚紙にうっすら鉛筆の線が見えますね。
この線が前中心と後ろ中心をつなぐ線なので、
前後を間違えないように、この線に縫い線を合わせてセットします。

そうしたら、きちんと角を出すように厚紙にそってアイロンをかけましょう。
251
この厚紙はアイロン用の型なので、アイロンをかけ終わったら、
帽子から出してください。

さて、ここまでが終わったら、帽子の形や大きさを確認しましょう。
まずは表地です。
252
こんな感じで、ウィッグを被った状態で帽子が被れることを確認します。
253
帽子全体のシルエットもよく見ておかしいところがないか確認しましょう。
254
ツバが顔・頭に対してどの辺りまで来るのかも確認すると良いでしょう。

続いて裏地も被ってみます。
255
裏地のサイズが表地に対してどうかなどに注意します。
同じようにカットして、同じように縫ったはずなので、
同じくらいのサイズになるはずですが、
もしすごく大きかったり、小さかったりする場合には、
何かを間違えているので、何処が違うのかを探して直しましょう。

問題がなければ次に進みます。
表地に帽子のツバをつけます。
256
このように、帽子の中心とツバの中心のみをマチ針で止めます。
そうしたら、しつけ糸でツバを仮縫いしましょう。
257
こんな感じで、ツバに入っている厚紙を避けて縫いましょう。

縫い付けたものを表から見るとこのようになります。
258
ここでも軽く被ってみると良いでしょう。
259
良いと思えばこのまま縫います。

ミシンで縫うのですが、
合皮やエナメル・レザーは滑りが悪いのでそのままでは上手く縫えません。
合皮やエナメル・レザーを縫うときは布の表面に
トレーシングペーパーのような薄い紙を置いて縫いましょう。
260
杉浦が使っている紙はトレーシングペーパーではありませんが、
皆さんはどうぞトレーシングペーパーのような薄くてよく透ける紙を使ってください。

縫い終わるとこのように紙が付いてきます。
261
この紙を外すときは、縫い目に沿って紙をいったん折り、
チケットでも切り離すようにミシン目に沿って紙を外してください。
無理やり真上に引く用に紙を破るのではなく、
ミシン目を挟んだ両方の紙を左右に引っ張って取ると、
糸への負担が少なく、綺麗に取れます。
この紙を一緒に縫う方法が難しいと思われる方は、
※布地の滑りが悪い面にベビーパウダーを付けて縫ってみてください。
 合皮・エナメル・レザーの面は濡れたタオルで拭くと綺麗にベビーパウダーを取ることが出来ます。
 ただし、この方法はベビーパウダーが別の生地面にも付着する可能性があるので私は嫌いです。

262
さぁ、紙が外れたらしつけ糸も抜きましょう。

263
このように出来上がれば成功です。

表はこのようになりました。
264
はぃ!だいぶ出来てきましたが、まだナヨっとしてますょね?
なので、ここで薄手のベルト芯が登場します。

265
ツバのすぐ上の帯前側半分に薄手のベルト芯をつけましょう。
今回使うのはアイロン接着のベルト芯なので、
帽子の左右サイド~サイドまでに芯をアイロンで接着しましょう。

接着ベルトが付いたら、次にツバの縫い代に切り込みを入れます。
266
こんな感じで1cm間隔くらいの切り込みを入れましょう。
そして、この切り込みと接着芯を一緒に縫いとめていきます。
267
コレは表から見た図です。
下がツバで、上が帽子の帯です。
ツバの縫い代と接着ベルトを1mmくらいの幅で縫いとめていきましょう。
ここは一応、完成した時に見える縫い目なので丁寧に縫いましょう。
268
裏はもちろん紙を置いて縫うので、縫いあがったら紙をとってください。

続いて、もう一列今度は、ベルト芯だけを帽子に固定するため縫いましょう。
269
このようにベルト芯をきちんと帽子の帯に固定し、帽子のツバから8mmくらいのところを縫います。

270
縫いとめたらこんな感じで、さっきよりカッチリしましたね。

続いて、表地と裏地を合体させます。
271
このまま左の裏地をすっぽりはめるように入れるのですが、
その前に…
272
裏地の何処とも縫い繋げていない縫い代部分をアイロンで折っておきましょう。

そうして、表地の中に入れてセットします。
前後を間違えないように気おつけてください。

入れたらこんな感じです。
273
まず、帽子の後ろ半分に裏地を縫い付けましょう。

274
このように、1mmの縫い幅でツバの無い部分はミシンでザーッと縫います。
表から見るとこうなります。
275
さっき帽子のツバを止めたときも縫い幅1mmだったので、ちょうど被るはずです。
こうすると、一周ぐるっと縫ったように見えて、見栄えがよくなります。

しかし、まだツバ部分は裏地と表地がくっついていないので、
ここはまつり縫いでつけましょう。
276
こんな風にチクチク縫います。
まつり縫いの方法はきちんと縫えていて、綺麗なら何でも良いです。
私は縦まつりの様な雰囲気で縫いました。
ジャケットの裏地などで袖の裏地を縫いつけるのと同じような感じです。

縫い終わったら、次は肝心の☆をつけましょう。
278
コレは金具屋さんで見つけてきました。
10個で1100円です。
しかし、交渉をしたところ、1個だけで売ってもらえましたw
おじさんありがとぅ!

まず、☆を付けたいところを確認します。
279
この2本の縫い目が大体レザーリボンの幅より少し細いくらいなので、
ちょうど、ベルト芯を縫った縫い目と逆T時になっている線の中央くらいに付けましょう。

280
付ける位置が決まったら、表から裏地もろとも穴を開けます。
大体穴が開いたら、今度は裏からも穴を開けましょう。
281
このように完全に貫通させます。
そうしたら、この穴に☆の金具をセットしましょう。

282
☆を表から裏に向かって刺します。
そうしたら、裏側にこのような短い棒が見えます。
この棒にセットの金具を被せて止めます。
283

出来たら、こんな感じになります。
284
雰囲気が出てきましたね。

最期に仕上げです。
285
帽子の両サイドに、1cm幅のレザーリボンと金色のボタンを留めつけます。
レザーリボンの長さは帽子の出来によって調節してください。
ボタンは、ボタンではなく、☆と同じ方式のモノがあればその方が
より本物らしいかも知れませんね。
装飾部分は、手入る素材で工夫してみてください。

さぁ、縫えたら完成です。
286
ぅん!
なかなかですw


『ライチ☆光クラブ』蛍光中学の制服が完成しました。
この全貌は次の記事で、販売型紙の紹介と一緒に明らかになります♪

お疲れ様でした!!




onikuyasan20002002 at 16:31│Comments(5)TrackBack(0) ライチ☆光クラブ(ジャイボ) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

5. Posted by 杉浦眸   2012年02月12日 00:03
aki様

コメントありがとうございます!
お役に立てたようで嬉しいですw
4. Posted by aki   2012年02月11日 17:47
5 チュートリアルありがとうございます!多くのことを学びました。
3. Posted by 杉浦眸   2011年02月02日 12:22
マキ様

質問ありがとう御座います。
メールアドレスを書いていただきましたので、
アドレスに返信させて頂きました。
ご希望に副える回答が出来ていましたら幸いです。
2. Posted by マキ   2011年02月01日 18:54
5 はじめまして!
星を探しているのですが、
どういった金具屋さんへ行くと良いでしょうか?
1. Posted by マキ   2011年02月01日 18:32
はじめまして!
星を探しているのですが、
どういった金具屋さんへ行くと良いでしょうか?

コメントする

名前
 
  絵文字